私の聞いてほしいコト

人生は一か八か待ったなしだ!

誕生日

つい昨日娘の誕生日でした

毎年子供たちの誕生日になると
産んだ時の痛みや苦しさ
孤独と戦ったあの時間を
思い出してしまう。
死んでしまった子達の事も思い出してしまう。

だからこそその分

生まれてきてくれてありがとう

健康でいてくれてありがとう

ママのそばにいてくれてありがとう

そう強く思える日になる


私は子供嫌いで、、
それでも自分の子だけはやっぱり可愛くて。

でも愛し方とか
ママ好きって素直に言ってくれる子供達の愛への応え方が分からなくて。

長男を産んでから7年少し
ずっともがいてきた

目に見えないものが私には分からなくて
感じられなくて、、

はっきりしたものしか信じられなくて。

でも目に見えないものが何より大事な事は
感覚で分かってて。



今自分に愛したい人が子供以外に出来て
改めて、そして強く実感した事があって。

私は、やっぱり、愛し方も愛され方も
解らない

怖い

結局私からいつか離れていくんでしょ?
みんなそうだったもん
私の心の素顔を知ったら
重い、面倒臭い、うっとうしい、餓鬼、メンヘラ

そう言って、突き放されてきた

それがただ怖くて。

愛されたいって強く思ってるのに
素直にその愛を掴む事ができなくて、、

申し訳ない気持ちでいっぱいになって。

明日から頑張ろうを何度も繰り返す。



冒頭の誕生日の話に戻るけど

誕生日なんて親から祝ってもらった事なんてなくて、私の誕生日にはお金がないってケーキがないのに、兄弟にはケーキがあって。

そんなもどかしさや、思い出したら涙が自然に出てくるくらいの苦しさを今でも思い出せる


そーいえばブログ書くのが嫌いなんじゃなくて
ブログを書くとどうしても涙がとまらなくなるからたまにしか書かないのかも。



私は子供たちにそんな思いを絶対にさせたくなくて。

誕生日は1年に1度あるもの。
だから記憶に残らないくらいの平凡で幸せなのかなんなのか分からないくらいの1日にしてほしいと思ってる

誕生日の記憶が苦しいものじゃなくて
思い出せないや!笑
って笑えるくらいの。



だから

来年からしえるの誕生日がもっと幸せな日になるように。

って今年の誕生日を幸せな日にしてくれたあの人に心の底から感謝してる。

くわぁぁぁヾ(。´囗`)ノ