ミニマリスト-手をとって

生まれた時と死ぬ時は何も持っていない

気付かない事に本当があったりする

私が10代の頃、とりま〜って皆んながよく言っていたんですが、とりま〜が生理的に受け付けない体質のソラカです

とりあえず〜のほうが絶対にいい!!( ̄^ ̄)ゞ


♪♪♪♪♪

気付かない事の方が怖い、気付かない事に大切な事がある、気付かない事に真実がある


例えば、ネットのサイコパス診断であなたはサイコパスです、とゆう結果が出たとしても、心配する事はない

何故なら、サイコパスの人は自らサイコパス診断なんてしないからです


イジメをする人はタチが悪い
でも傍観者の方がタチが悪い

と時々言われるのは、傍観者は自分がイジメに関わっていると気付いてないから

自覚がない事はとっても怖い事です



大切な事も本当は見えないところにあったりする

面と向かって、あなたは凄い!あなたは素敵な人!
そう言われるのと、自分が知らないところで
あの人は凄い!あの人は素敵!
そう言われてる方が何故か人は喜ぶ

うそじゃない気がするから、安心するんだと思う


もしかしたら自分が知らないところで自分はとても評価されているかもしれない

自分が知らないところで自分の人生が良い方に向かってるかもしれない

人生規模で言えば、主人公は自分で主導権も自分にしかないけど、本当は自分の知らないところで、何かが誰かが私の人生を動かしてくれてるのかもしれない


じゃなきゃ、感情なんてものはきっとないんじゃないかなぁ

嬉しくなったり、悲しくなったり、怒ったり、その時点で自分の人生をうまく動かしてるのは自分だけじゃない


あーほらまた、いちいち面倒で回りくどい事を考えてしまう暇な主婦...って思わないでー!(*゚∀゚*)
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村