ミニマリスト-手をとって

生まれた時と死ぬ時は何も持っていない

明日って誰も知らないよね?

誰一人知る事のない事...

それは未来、もっと簡単に現実的に言うと明日です



明日だけは誰もわからなくて未知


なのに、何故か人は何かに恐れているんですよね

特に新しい事をする時は怖い

失敗や人の目や失うモノやコト

色んな事に恐れを感じます


いや、知らないから怖いんでしょ?そう思いました?


でも生きてる限り知ってる事だけで生きるって無理でしょ?


なんで、知らないのに怖いの?
ネガティブ?



知らない=まだ無い、わけです


まだ作られてないコトであり結果であり、時間なわけです


なら恐れるって、物凄いバカバカしいとゆうか無駄とゆうか...精神衛生上勿体無い、と思いませんか?


明日も絶対幸せ、そう自分が思わなかったら誰がそれを願い、叶えるのでしょう?


明日の事なんてどうせ分からないんです


明日も幸せだ、そう思いながら今だけを見る

昨日も明日も見なくていい

後悔や期待に疲れるなら、今を生きればいいんです


どうせ、明日なんて明後日からみれば昨日(過去)ですから
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村