ミニマリスト-手をとって

生まれた時と死ぬ時は何も持っていない

これは恋のお話 メール問い合わせ

私の青春はスマホが普及する前

そうガラケー時代!


皆さま、覚えていらっしゃいますか?


ガラケーのメール画面には

受信ボックスと送信ボックスの他に【メール問い合わせ】
とゆう機能がありました事を。


電波状況が悪かったりすると
センターにメールが保存されて
メール問い合わせを押すと本体に届くとゆう機能。


好きな人とメールをしていて返事がない時...
ひたすらこの、【メール問い合わせ】を
押しまくった事ありませんか?〝笑〟


私はたくさんありました

問い合わせをして、メール受信0件とゆう画面を見るたび
まだ見てないのかな?お風呂かな?忙しいのかな?

なんて考えて、想いを巡らせていました


家族でのお出掛けで電波が悪い時や学校の授業に出てる時や電池が切れて何時間か携帯が使えなかった時...

通常時より【メール問い合わせ】をするのがワクワクする


メールきてるかもしれない、早くメールみたい!

そんな気持ちが大きくなればなるほどワクワクが大きくなる


メール受信?件の中に好きな人からのメールが入ってるのか、どうなのか。

受信ボックスを開くこの何とも言えないワクワク


でも好きな人からのメールがなかった時の
何とも言えない絶望感。〝笑〟


メール1つで一喜一憂してたのが懐かしいです

今思うと、両想いだった相手は私と同じ事をしてくれていたのかもなぁ、なんて思ったり。

家電や文通や交換日記やポケベルの時代は特にそうですが
すぐに相手に届かないからこそ、大きくなる想いがある
と思っています

家の電話番号を聞いたり、住所を聞いたり、メアドを聞いたり、それだけで顔が物凄く熱くなるほどドキドキする


LINEも全然いいと思います
青春時代をスマホで過ごした若い子達は
それはそのドキドキがあって、ワクワクがあると思う

その時代その時代で移り変わるドキドキやワクワクの種類があると思う


私は手紙の時代でもLINEの時代でもなく
メールの時代だったから、好きな人との連絡は
メールが物凄く良い物で
好きだなぁって思ってしまう


ガラケーの時代はおそらく二度と来ない

だからこそ、あの頃の若き少女時代のドキドキを宝物にしたい。







中学1年生の頃、好きな3年生の先輩に大勢の前で
メアドを聞いて教えてもらえて、その先輩が去った後
その場で泣いてしまった純粋な私は今思うと物凄く愛しいなぁ、嬉しさと切なさと色んな想いだったのだろう。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村