ミニマリスト-手をとって

生まれた時と死ぬ時は何も持っていない

こだわらない、天然のミニマリストになりたい

私って結局のところ、ミニマリストになる事にこだわってるんですよね

物を持たない生き方をしたい
何かに縛られない自由な生き方をしたい

これに対してすごくこだわってる

これってすごく縛られてる
持たない暮らしを、その生き方をしたい私に、
私自身が私を1番自由にしてない

それに気付いてるのに見て見ぬ振り

気付いたらすごく辛くなりそうだから
気付かないふりをしてきました


ミニマリストを目指してるわけじゃないのに
元々物を持つのが嫌いで自然にミニマリストになっちゃってる人にすごくすごく憧れます

物の色とかもこだわりはないけど
ただ白が1番好きだから白が多いだけ

みたいなの、すごく憧れる


意識しないとすぐ物が増える
不必要な物を買ってしまう

それを意識し続ける事も辛いし
不必要な物に囲まれる生き方も辛い

持つ物の色やミニマリストになる事に
こだわり過ぎて辛くなる

数年前にも経験して一度そこから離れたのに
また繰り返してる


いっそうの事、考える事をやめようかな

これ、捨てて後悔しない?
本当に使わない?
捨てたら夫に怒られない?(夫の物ではありません)

やっぱり考えちゃうこれらの事が多分原因

これらを考えて考えて捨てる
その繰り返しが疲れる、辛い


なら本当に本当に本当に本当に何も考えずに直感とかもなしで、ゴミ袋持って手に全てを任せて、手が勝手にゴミ袋に入れた物は何も考えずに何も言わずに、そのままゴミ捨場に捨てに行く(24時間いつでも捨てられる環境です)



きっとこの方法が1番ストレスなく捨てられる


売る事とか、誰かに譲る事とか、ありがとうを言ってから捨てるとか、迷った時は捨てるとか、迷った時にミニマリストさんのブログ読んで捨てる勇気をもらうとか、全部やめてさ

ありがとうはゴミ捨て場からの帰り道に心の中で言えばいい

罪悪感が出てきたら、もう不必要な物は買わないってもっともっと覚悟できるチャンス





こだわらない、自然に少ない暮らし

一生無理かもしれないけど
いつかそうなれたらいいなぁ〜程度に留めておこう

決して拘らず。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村