ミニマリスト-手をとって

生まれた時と死ぬ時は何も持っていない

変わりたいのか変わるのか

変わりたいと思ってるのか
変わると思ってるのか

では本当に変わるかが変わると良く言いますね

前者は変わらない、後者は実際に変わる人だと


何かを目指す時、目標などをたててそこに向かう時

前者だと、変わりたい→行動する→結果

後者だと、変わる→行動する→変わる


上記のようになる気がする


前者は気持ちがあってそこに行動があるから結果が出る

後者は変わるとゆう結果があってそこに行動がある


これが違いなのかもしれない


うん、言いたい事伝わったかな?〝笑〟


言葉をあまり知らないから上手く文字にするのが難しい

勉強しなきゃダメですね



昨日の夜寝る時にふと思ったんです

私は変わる!変わるんだ!って


今までは変わりたい、でした

変わる!って思わないと変われないよ

って言うもんだから無理矢理、変わるんだ!って
思うようにしてました

変わるんだ!って思えば変わるんでしょ?って


もちろん、変わりませんでした

強いて言うなら最初だけは変わったように見えました


昨日ふと、変わるんだ!って思った時

あーこれだ!これが人が本気出して変わる時の兆候か、と
思ったんです

本気で変わりたい→本気で変わるぞ!→本気出して変わる


本気で変わるとゆう事は勝手になる事ではありません

時の流れに身を任せてれば変わるわけではありません

そこから本気を" 出して "変わるんです

本気で変わるんだ!って思っても本気を出さなければ
チャンスがきただけで終わってしまいます


子供達に燃えてる所を邪魔されてしまいますが
まだ燃えてます!本気で変わります私。


断捨離もダイエットも母親としても変わるんです


笑えてない母親なんておしまい

いつも怖い顔か疲れてる顔しかしない母親はさようなら

家事が少しでも楽になるように、気持ちに余裕を持って子供達に笑顔を見せられるように、断捨離もダイエットも本気出して自分に自信を持とうと思いました


自信のない人は笑顔が減ります

自信がないなんてもう言わない、もう思わない



笑った数が多い人生の方が良いに決まってる

時間は戻らないからこそ大切な事に気付けると思います

気付いたその時、思ったままなんかにしないで
即行動しましょう

常に自分が今、余命宣告されたら、、、
そう考えて生きたら重いけど、大きな一歩を踏み出す勇気がでるのではないでしょうか


自分を変えたり、環境を変えたり、人は変化を恐れます

ですが一歩踏み出す勇気が欲しい

そう思ってるなら、余命1年だと宣告されたら、、、
そうイメージしてみましょう

実際人はいつその時が来るか分かりませんから


自分の人生は自分だけのです

自分で手を施さないなんて勿体無い

もっともっともっともっと!満足いく人生にしましょう!


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村