ミニマリスト-手をとって

生まれた時と死ぬ時は何も持っていない

本能に従って生きる事は。

タイトル通りなのですが、心理学を学んでみたいとゆう
気持ちが最近フツフツと湧いてきました


今まで色んな夢を抱いてきましたが
根本を見ると、全て心理学に関係する夢である事に
気付きました

私はカウンセラーになりたいわけではありません

むしろカウンセラーには興味はありません

ですが、心理学を学ぶ事により
カウンセラーとは違う形で人を救えるのではないか

そう思うんです(って今朝思ったんだけどね)


主に虐待や家庭環境の悪さで辛い思いをしている子供達や
少年犯罪や非行に走ってしまった子供達を救いたい

そう思ってます

後者の方は、犯罪心理学に興味があるとゆう理由もあります

今まで私は福祉関連にとても興味があり
福祉の道を歩みたい、やはり諦められないそう思っている

と思っていましたが、ここ1ヶ月くらいでしょうか

でもなぜか何かが違う気がする
何か引っかかる

そんな思いがある事に気付きました


今日の朝です、本当に今さっきです

今日投稿する予定の記事を書いている時(この記事ではありません)何かが降りてきました(〝笑〟)

あ、そうか
どんな形の夢でもいいんだ、そう気付いたんです

私には2つの夢がありました
その夢は、児童福祉司法務教官(少年院や少年鑑別所の教官)

いつもいつもこの2つの夢を行ったり来たり

とりあえず、福祉を学んでおけばいいんじゃないか

そう思って来年か再来年には福祉大学の通信を
受験しようと思っていました


でも今朝気付いた

福祉じゃない、心理学を学びたいんだ

この仕事に就きたい、は私の中では二の次

心理学を学んで、どんな形でも、どんな仕事でもいいから
子供達を助けたいんだ

そう気付いた瞬間、引っかかっていた何かや
モヤモヤがスッと消えたんです

子供達を助けられる仕事に就きたい

それが上記の夢と=してただけなのだとわかりました


もう一度自分としっかり向き合う必要があるなぁと
思っています


結局私は何が言いたいのかとゆうと

夢だと思っているものに対して
モヤモヤや何か別の感情がある時
もしかしたら少し違った事を本当はしたいのかもしれない

そう、本能が叫んでるのかもしれない

モヤモヤを抱いたまま夢に突き進むのは
非常に勿体ない気がします


人には必ず才能があります
ない人はいません
気付いていないだけ、知らないだけです


もしかしたらそのモヤモヤや引っかかる事を
排除できた時、そこにあるのは自分に秘められた才能を
発揮できる事なのかもしれない

それを必ず自分自身が教えてくれると思います


本能に従って生きる事は何かを叶えられる事に
なると私は思っています




では早速私は心理学を通信制で学べる大学を
探したいと思います
本能がそう言っている気がするのでそこに真っ直ぐに
突き進もうと思います



にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村