ミニマリスト-手をとって

生まれた時と死ぬ時は何も持っていない

強迫性障害

さて今回は強迫性障害について書きたいと思います


強迫性障害ご存知ですか?

知らない方多いのかな

病院で診断を受けた訳ではありませんが
ほぼ確実にあたし、強迫性障害とゆう精神疾患です

強迫性障害の説明です
〜引用〜

☆強迫観念」と「強迫行為」の2つの症状があります

強迫観念とは、頭から離れない考えのことで、その内容が「不合理」だとわかっていても、頭から追い払うことができません。

強迫行為とは、強迫観念から生まれた不安にかきたてられて行う行為のこと。自分で「やりすぎ」「無意味」とわかっていてもやめられません。

☆代表的な強迫観念と強迫行為

・不潔恐怖と洗浄
汚れや細菌汚染の恐怖から過剰に手洗い、入浴、洗濯をくりかえすドアノブや手すりなど不潔だと感じるものを恐れて、さわれない。

・加害恐怖
誰かに危害を加えたかもしれないという不安がこころを離れず、新聞やテレビに事件・事故として出ていないか確認したり、警察や周囲の人に確認する。

・確認行為
戸締まり、ガス栓、電気器具のスイッチを過剰に確認する(何度も確認する、じっと見張る、指差し確認する、手でさわって確認するなど)。

・儀式行為
自分の決めた手順でものごとを行なわないと、恐ろしいことが起きるという不安から、どんなときも同じ方法で仕事や家事をしなくてはならない。

・数字へのこだわり
不吉な数字・幸運な数字に、縁起をかつぐというレベルを超えてこだわる。

・物の配置、対称性などへのこだわり
物の配置に一定のこだわりがあり、必ずそうなっていないと不安になる。



以上が強迫性障害についての説明です

あたしは小学4年生の2学期まで虐待を受けていました
虐待してた義父に逮捕状が出て
あたしは児童相談所

1ヶ月後母や兄弟の元へ帰りました

小学5年生になった頃
少しずつ変になってったんです

授業が終わるたび
鉛筆や消しゴムを触った後
石鹸を使って手を洗うようになったんです

友達に休み時間に髪を触られると
かなりの不潔感をおぼえました

そして家に帰ると
即、頭だけシャンプーしてました
もちろん、夜になるとまたお風呂にはいります

学校が休みの日は
1日3回〜4回くらい頭を洗っていました

上記にある、不潔恐怖と洗浄ですね

でもあたしその時は変だと思わなかった

むしろ洗わない、汚いと思わない人が
おかしい、変だと思っていました

6年生の組体操の時なんて
もう最悪(*_*)
組体操の内容が頭に入らない
しかもタワーで1番下
上に乗る子達の足が肩に、、、。

もう地獄でした


そして中学生になると
まぁ、悪ガキになっちゃった訳です
いわゆる不良
絵に描いたような不良

でも今思うと不思議ですが
少し症状はおさまりはじめてたんです

中学3年間は特に異常な不潔恐怖はありませんでした
地べたに座ってましたしね
カバンを枕にして地べたで寝てましたしね
↑うん、引く。今のあたしは絶対ムリ


で、高校生になって
少しは真面目になり(え?ホント?)
中学生生活3年間で
ほとんど会話をしなかった母とも
話せるように

でも17歳になった頃
母に彼氏ができました
その彼氏の事をあたしは
物凄く嫌いだった
でもよく家に泊まりに来てたんです

だから母にこう言ったんです

『あの人の事嫌い。家に泊まりに来るなら
あたしは帰らない。泊まりに来る日は電話して。
帰らないから』と、、、

そしたらそれから母は
彼氏が泊まりに来るたび

『今日泊まりに来るから。
友達の家に泊まってね。』

と電話してきました

その頃くらいです

また少しずつ強迫性障害の症状が
出てきました

症状としては
ひたすら、何分も(早くて5分、長いと10分少し)
手を洗い続けてました
何かを触った後はすぐに

そのせいで手がしわくちゃに
夏でもアカギレ状態
本当に血だらけでした

でもやめられなかった

周りの人や家族に
おかしいと言われてました
変わってるって



この先は次の記事にしたいと思います!
次も見てくれる方、クリックお願いします(・∀・)
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村